会社案内

トップページ > 会社案内

ごあいさつ

ヒロツクの一品で笑顔の食卓

食卓に笑顔を増やす

「人が好き」「ふれあいが好き」「つくるのが好き」「笑顔が大好き」を合言葉にしております。
私たちは創業以来、美味しい食品を提供することで満足して頂き、食卓に笑顔を増やしたいという思いで商品作りをして参りました。
社員ひとりひとりの幸せの総和こそ、企業価値であると信じて食品を提供させて頂きます。
今後もヒロツクをご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 竹本 新

企業理念

社是

会社概要

社 名 株式会社 ヒロツク
創 業 1942年(昭和17年) 3月
設立 1946年(昭和21年) 12月
代表者 代表取締役社長 竹本 新
本 社 〒733-0833
広島市西区商工センター7-2-21 地図
TEL 082-277-8896
FAX 082-277-8929
佐伯工場 〒738-0201
広島県廿日市市永原117 地図
TEL 0829-74-3300
FAX 0829-40-0057
資本金 4.800万円
従業員 126名 (パート含む)
事業内容 佃煮・煮豆・惣菜製造販売
販 路 中国・九州・四国・近畿全域と中部・関東の各主要都市
取引銀行 広島銀行 広島西支店・商工組合中央金庫 広島西部支店

ヒロツクのあゆみ

1941年(昭和16年) 
広島湾の工業港の修築工事に伴い、漁場を失う漁民の転業対策として、広島市草津漁業協同組合が、授産施設補助事業の対象 を設立
1942年(昭和17年)
創業者 竹本四方一 を代表者として広島市草津南町(現在の広島市西区草津南町)において、『草津海農産物加工授産場組合』を設立、佃煮の製造を始める
1946年(昭和21年)
終戦後、組合を発展的解散。広島市草津東町(現在の広島市西区草津東町)において、「草津食品工業株式会社」 を設立。代表取締役に、竹本四方一 就任。
1960年(昭和35年)
代表取締役社長に、竹本盛男(現在 相談役) 就任
1971年(昭和46年)
中村晋一商店と合併にて、社名を 「株式会社 ヒロツク」 に変更。
代表取締役会長に、中村晋一、代表取締役社長に、竹本盛男(現在 相談役) 就任
1972年(昭和47年)
創業30周年
開発商品 昆布佃煮「こもち昆布」が、第二回全国調理食品大品評会で、「農林大臣賞」受賞
1977年(昭和52年)
社内報「かわら版」 第一号を発行。現在に続く。
1978年(昭和53年)
新社屋・新工場 落成 (現住所の広島市西区商工センター)。
「ひじきごはんの素」開発、生協ルートでヒット商品となる。
1984年(昭和59年)
新工場が食品衛生優良施設として、厚生大臣表彰受賞
1991年(平成3年)
ひじき佃煮の「しそ味ひじき」の開発・発売。
関東・東北地区にてヒット商品となる。
1992年(平成4年)

創業50周年。
広島県佐伯郡佐伯町(現在の広島県廿日市市永原))へ新工場 佐伯工場 新設稼動。

1997年(平成9年)
代表取締役会長へ 竹本盛男 就任。
代表取締役社長へ 島田 巖 就任。
のり佃煮「わさびのり」開発、発売。ヒット商品となる。
1998年(平成10年)
昆布佃煮「わさび昆布」開発、発売。
「わさびのり」に続き、ヒット商品となる。
2002年(平成14年)
創業60周年。
社内5S委員会発足(後に、7S委員会へ発展)。衛生管理、安心・安全な製品作りに努める。
2005年(平成17年)
広島県食品自主衛生管理制度に取り組み、本社工場、佐伯工場、両工場で認証取得。
2012年(平成24年)
創業70周年。
昆布佃煮「こもち昆布」ザ・広島ブランドに認定される。
のり佃煮「海の宝のり」が「農林水産大臣賞」を受賞。
2014年(平成26年)
代表取締役社長へ、竹本 新 就任

「ヒロツク」社名の由来

1971年(昭和46年)、広島の同業であった「草津食品工業株式会社」と「中村晋一商店」が合併することになり、新社名には、広島にふさわしい社名を付けようと「広島佃煮工業株式会社」と考えられていました。しかし、当時は、カタカナの社名を称される企業が多くあり、漢字の堅苦しい、古めかしい社名より近代的でスッキリした社名がいいだろうということから考えられたのが、前記の「広島佃煮工業(ヒロシマツクダニコウギョウ)」 ⇒ 「ヒロツク」 と名付けられました。

かわら版


※右は1977年11月発行の第一号の表紙

「会社の今日の姿」「目指している方向」「社員としてあるべき姿」などを親しみやすい文章と内容でつづっていくことを目的に、1977年(昭和52年)11月に第一号を発刊。以来、毎月発行されています。

>> かわら版最新号を見る

ヒロツク なつかCM

「こもち昆布」CM動画

1972年(昭和47年)に開発された「こもち昆布」が、大ヒット商品となり、それを受けて「こもち昆布」のサウンドロゴが作られたのが始まり。以来、お届けをする機会は、テレビCMからラジオCMへと変化していきましたが、「ヒロツクのこもち昆布」を食べたことはない人でも、ヒロツクといえば、このフレーズ、「♪ヒロツクの~こもち昆布」のメロディを口ずさんでいただけるようになりました。
このたび、秘蔵VTRから、皆さまに親しまれました「1972年(昭和47年)人魚編」を公開させていただきます。